歯周病治療と糖尿病

  • 歯周病治療

こんにちは

最近あった興味深い出来事を紹介させていただきます。

患者さんは70歳

元々あまり歯を磨く習慣がなく、汚れを染め出しても下の写真のように大部分が染まっていました。

抜歯が必要な歯があり、口腔外科の先生に紹介するも

糖尿病の数値が高すぎて(HbA1cが11.8%!)と

口腔外科の先生でも先に糖尿病の治療をしないと抜けないと言われる状態でした。

 

そこで改めて、歯周病と糖尿病は関係があります!(と言われている)

ということを踏まえて、改めて当院の衛生士さんによる丁寧な歯磨き指導、歯石除去等を行ったところ

なんと、4、5ヶ月でHbA1cが11.8%から7%にまで改善しました!😳😳😳

 

 

勿論患者さんは食事制限もされたそうですが

歯磨きに関しても指導後に心を入れ替えてやっていく!ということで

みるみるうちに丁寧にされるようになりました!(下写真)

 

 

まだHbA1c7%というのは数値としては改善の余地がありますが

主治医の先生からは糖尿病の薬は一旦休薬、通院の頻度も減らしてもらっているそうです。

 

確実に歯周治療のおかげとは言い切れませんが

昨今言われるように歯周病と糖尿病は本当に関係あるんだろうなと勉強になりました。

 

今後は歯周病治療を続けて改善してくれるまで患者さんと頑張っていこうと思います。

 

追記:2022年9月にはHbA1c 6.8で改善中です!

 

この患者さんは保険の範囲内の歯磨き指導、歯石除去のみ行っております。

担当医
衛生士(Nさん)
治療期間、回数
治療期間 6ヶ月(継続中) 回数 8回(継続中)
治療内容
歯磨き指導 歯石除去
費用
保険内
ページの先頭へ戻る